地球に優しいエコ住宅が知りたい

外張断熱と言う工法

家を建てる時には必ず壁に断熱材を入れます。
今から20年以上も前の事ですが家を新築した時に断熱材を入れる工程を見た事があります。
私が見た断熱材はアルミ箔に包まれたようで目がパチパチした事が記憶に残っています。
近頃の住宅は外張り断熱が多いと聞き人気も高いようです。
外張り断熱は住まいを柱の外側からすっぽりと家全体を包み断熱磨ると言う工法です。
断熱材が柱や梁の外側にあるので断熱材の切れ目が無く断熱性や気密性が高くなるのです。
その為に壁全体が暖かくなります。
従来の充填断熱工法は柱が外気の影響で冷えてしまうのですが外張り断熱工法は壁一面が均一の暖かさになります。
外張り断熱は1年を通じて壁と室内の温度差が少ないので特に冬場の結露を防いでくれます。
結露による「カビ」の心配がありません。
結露は以外にも家の寿命を縮め、住む人の健康を害する事も多いのです。
暑い夏場も外気の影響を受けにくいので室内の冷房も効率が良く省エネ効果が期待できます。
勿論、寒い冬場の暖房の効率も大変高く省エネに繋がります。
断熱効果だけでなく内断熱よりも室内空間が広く取る事が出来ます。
そして室内の壁の構造がシンプルになるので電気の配線や配管の工事をする時に融通が聞いて大変便利になります。
魅力一杯の外張断熱ですが、やはり費用が高くなるのが悩みです。
内断熱工法に比べると10%〜20%近く費用は高くなるようです。
ですが長く住む事を考えると住みやすく省エネにもなるので一概には高いとは言えません。
多少、無理をしてでも外張断熱にするのが賢い選択です。
Copyright (C)2017地球に優しいエコ住宅が知りたい.All rights reserved.