地球に優しいエコ住宅が知りたい

安心出来る耐震住宅

日本は世界的のも地震が多い事でも有名です。
関東大震災に始まり、記憶に新しい阪神大震災、東北大震災など地震に伴う痛ましい出来事が地震の恐ろしさを改めて私達に教えてくれます。
そして地震のニュースを耳にする度に「我が家が地震で無くなってしまったらどうしよう」と言う不安が胸をよぎります。
住まいには耐震性が必要です。
耐震住宅と言っても地震対策には3つの工法があります。
(1)耐震、(2)制震、(3)免震の3つです。
(1)の耐震は住まいの骨組みを強化して地震の揺れに対して建物を崩壊を防ぐ事です。
(2)の制震は地震が起こった時の建物の揺れを制震装置が吸収して、地震の揺れが建物に伝わりにくくして揺れを低減する仕組みの事です。
(3)の免震は地震の揺れを吸収して地震の揺れを建物に伝わりにくくする仕組みの事です。
更に詳しく言うと(1)の耐震は建物全体を硬く固定する事で地震の揺れに耐える工法ですが大きな地震には建物の骨組みを一部損傷させて揺れを吸収する仕組みになっています。
(2)の制震は建物の土台と梁の中間に振動吸収装置を設置して地震の揺れを吸収します。
(3)の免震は建物の基礎部分に免震装置を付け地震の揺れを感じた時に建物が動く事で大地震の時でも揺れを伝えにくくします。
地震の際の揺れの軽減率は(1)の耐震は0%、(2)の制震は20%〜50%、(3)の免震は85%〜90%と言うデーターがあります。
耐震住宅にも種類がある事を私は初めて知りました。
自分の住まいは安心して住む為にも出来るだけ耐震性に優れた建物にしたいものです。
Copyright (C)2017地球に優しいエコ住宅が知りたい.All rights reserved.