地球に優しいエコ住宅が知りたい

賃貸と持ち家

自分の住まいは賃貸と持ち家、どちらがいいのだろうか?私には永遠の課題です。
結婚した当初は団地に住んでいました。
勿論、団地だから賃貸で団地に住む人は殆んどと言っていい位に持ち家に憧れていました。
私もその中の一人で念願の持ち家を手に入れる事が出来ました。
ですが持ち家に住むと毎年の固定資産税に始まり長く住んでいるとメンテナンスも必要で維持するのが結構大変です。
持ち家に住むようになると賃貸の家に住んだ方が気楽に思えるようになりました。
結局は「ないものねだり」なのかもしれません。
賃貸と持ち家がどちらが得なのでしょうか。
賃貸と持ち家の総コストは結果的には大差はないようです。
持ち家として分譲マンションを例に挙げると総コストは物件価格+購入時の諸費用+ローンの金利の金融機関の儲け分+毎月の管理費+修繕積立金+毎年の固定資産税などとなります。
同じマンションで賃貸にした場合の総コストは家賃+2年ごとの更新料だけです。
引越しする場合は引越料+敷き金+礼金+仲介手数料が必要になります。
賃貸の場合は引越しがなければ持ち家よりも総コストは安くて済みますが賃貸にはどうしても引越しが付き物です。
それにしても「住まい」には随分お金がかかる物です。
持ち家はローンを払い終われば自分の物になりますが、その頃にはリフォームが必要で建物の価値はなくなっています。
残るのは土地だけですが大した価値があるとは思えません。
賃貸は一生家賃を払い続けても決して自分の物にはなりません。
とても難しい選択です。
Copyright (C)2017地球に優しいエコ住宅が知りたい.All rights reserved.